結婚適齢期を参考にして婚活していこう

30年後のアナタへ
心から満足していただける結婚相談所を紹介
トップページ » 結婚適齢期について

女性の結婚適齢期

昔の世代の人は、女性に学歴や職歴を必要としていなかったため、高校を卒業して約3年後には結婚する人が多い時代でした。多くの子どもを産むことが望まれていたので、若い20代〜30代までの3人くらい出産することが一般的でした。

今の時代の女性は大学を卒業してから、5〜10年程度働いてから結婚する人が多いようです。結婚後も働き続ける人が多く、子どもができても収入面で厳しいため共働きになっている家庭が多いですね。今の時代の女性の結婚適齢期は20代後半の28歳か29歳になってきます。

男性にはない、女性特有の出産のリミットがある

母子ともに健康な状態で子どもを産むには30歳前後で子どもを産むことがベストと言われています。精子とは違い卵子は作り出す個数が一生涯決まっています。妊娠にベストな卵子かどうかも未知数となっており、加齢とともに質の低下を避けることはできません。

現代ではかなり医学は進歩してきましたが、生物としての繁殖期は簡単に変えることはできません。できちゃった結婚が20代に多い理由は卵子の状態によるものなのかもしれません。子どもを持つ意識がなくても、結婚の条件が28歳くらいから厳しくなっているのが現状です。

結婚相談所や婚活パーティーでも、男性は女性の年齢を気にしている人が多く、20代の人は自然と人気が出てきます。結婚を意識している女性は早めに婚活した方がいいでしょう。年齢を重ねるごとに適齢期を過ぎ、なかなか結婚できないということになってしまいます。

男性の結婚適齢期

収入によって適齢期が変化している

昔の世代の人は年齢が5歳以上離れていることは当たり前でしたが、今の世代では年齢の近い夫婦を良く見かけます。その理由として価値観や理想の男性に求めるものが変化していることが考えられます。

昔は男らしさ、一家のまとめ役としての父親を求められていましたが、現代では共感、共有できる相手を求めている人が多くなっています。亭主関白でも結婚できる時代から、草食系がモテる時代に変わってきています。

現代の人の女性は父に威張られている母を見て育ち、母がかわいそうと思い、私はこんな思いをしたくないということから共感できる男性を選ぶことが多くなっています。『一緒に頑張ろう』『〜がおもしろいよね』『ほんとにそうだよね』という風に女性は男性に共感してくれることを望んでいます。

データマッチング型

仲介・相談型

インターネット型

結婚相談所資料一括請求

↑ PAGE TOP