男性、女性では自己PRの書き方が違ってくる?

30年後のアナタへ
心から満足していただける結婚相談所を紹介
トップページ » 自己PRの例文

婚活での自己PRは重要?

結婚相談所や婚活サイトでは、いきなり相手と出会うのではなく、ある程度相手の事が分かる資料に目を通してから会う事になります。

婚活パーティーは別ですが、ネットでの婚活では自己PRが非常に重要になってきます。この自己PRが相手にとっての第一印象になってきますので、ここを適当にしてしまうと、それだけ出会いの数も減少してしまう事に繫がってしまいます。自己PRは長文でたくさんな内容が詰まっていれば良いというものではありません。かといって短すぎる文章でも手を抜いているような印象を与えてしまいます。

嘘をつかずに正々堂々と?

自己PRをするときに嘘をつかない事が非常に大切になってきます。結婚相談所では、入会審査がありますので、基本的に嘘をつく事はできませんが、身長やタバコを吸うか、吸わないかなどの嘘をつく事は止めましょう。出会った時に嘘がバレてしまうと、かなり印象が悪くなってしまいますので、正々堂々を勝負した方いいですね。結婚するわけですから、今後の事を考えても嘘をつく事はやめましょう。

ネガティブ思考な言葉を使わない事

『結婚しろと親に言われたので入会しました』『デブです』『人とのコミュニケーションが苦手です』など、わざわざ自分の評価を下げるような言葉を使わない事です。嘘偽りなく自己PRする事は大切ですが、あまりネガティブ過ぎると見ている相手は引いていきます。ですので、『太ってはいますが、最近ダイエットにしており、運動する事が楽しみになりました』のようにポジティブな感じにすると好印象を与える事ができます。

理想の相手の条件ばかりを書かない

婚活する事は、今後の人生とともにするパートナーを探す事なので相手の条件を機にする事は分かりますが、自己PRの時点であまり事細かに条件を書いてしまうと、良い印象を与える事ができません。絶対に由じれないものがあれば書いて良いと思いますが、書きすぎには注意が必要です。事情権が多すぎると『この人は自分には無理だな』『結婚した後も細かそう』などと思われてしまいます。出会いがなければ、結婚する事はできませんので、まずは出会えるように工夫していきましょう。

趣味や特技などを書く

婚活する事は、今後の人生とともにするパートナーを探す事なので相手の条件を機にする事は分かりますが、自己PRの時点であまり事細かに条件を書いてしまうと、良い印象を与える事ができません。絶対に由じれないものがあれば書いて良いと思いますが、書きすぎには注意が必要です。条件が多すぎると『この人は自分には無理だな』『結婚した後も細かそう』などと思われてしまいます。出会いがなければ、結婚する事はできませんので、まずは出会えるように工夫していきましょう。

自己PR関連記事

男性の自己PR方法
女性の自己PR方法

データマッチング型

仲介・相談型

インターネット型

結婚相談所資料一括請求

↑ PAGE TOP